プロテイン

最近、多く出回っているプロテインですが、プロテインとは、どんなものなのか?わからずに購入している方も多いかと思われます。では、プロテインとは、どういったものなのでしょうか?筋肉を鍛えるため?ダイエットのため?プロテインの効率的な利用の仕方を見ていきましょう。

プロテインとは?

プロテインは、たんぱく質を英語にしたもので、ギリシア語で「第一」という意味の言葉から生まれました。糖質や脂質とともに三大栄養素のひとつです。プロテインは、身体の組織の成長と発育にとって必要な栄養素が含まれています。プロテインは、筋肉組織の成分を構築する主要な物質であり、体力や運動能力の源ともなります。プロテインは、筋肉の柔軟性を維持し、心臓の筋肉の柔軟性を維持する役割をしています。1gのプロテインで、4calを供給します。プロテインは通常、炭水化物や脂肪が適切な量で体内に存在していることによって、すべてがエネルギーに消費されることもないのです。

プロテインの効率的に利用する

プロテインは、効率よく利用するためには、目的にあった使い方をします。成長ホルモンが出ているときに、たんぱく質(プロテイン)が補充されることによって、筋肉作りに効果的です。

■トレーニングを始める1〜2時間前にプロテインを摂取

トレーニング中に、不足するたんぱく質を補うことで、効率よく運動をすることができます。

■トレーニング後30分以内にプロテインを摂取する

激しい運動をしたあとは、成長ホルモンの分泌が多いことから、すぐに摂取することによって、身体に効果がでやすいです。

■就寝2時間前にプロテインを摂取する

就寝前も成長ホルモンの分泌が多くなります。しかし、あまり摂取しすぎると肥満の原因にもなりますので、注意です。

プロテインの効果をあげるために

プロテインであるたんぱく質の摂取は、筋肉強化をするためには、大切な栄養素のひとつです。しかしながら、プロテインを飲んでいるのにもかかわらず、効果が出ない場合は、生活習慣に関しても改善していかなければならない点があります。心当たりのある方は、このような生活習慣を改善することからはじめましょう。

毎日の食事を3食必ず摂取する
たんぱく質の食品をしっかり食べる
プロテインを継続して飲む
休養日をつくり、無理をしない

プロテインの効果的な飲み方

プロテインを効果的に飲むには、200mlの牛乳、水、100%ジュースなどに2杯〜3杯(約20g)を溶かして飲むのが効果的です。プロテインの種類や目的によって、摂取量に違いがあるものも多いのですが、容量を守って摂取しましょう。ちなみに、お茶と一緒に飲むと、お茶の成分であるタンニンが吸収を妨げることから、水、牛乳、100%ジュースなどで飲むようにするといいでしょう。

プロテインダイエット

プロテインは、筋肉を鍛えるために摂取するものと考えている方が多いのですが、筋肉を鍛えるためだけではなく、健康維持や筋力、体力をアップさせるためにも利用してほしい栄養素のひとつです。さらに、このプロテインを利用することで、ダイエット効果も期待できます。総合栄養食に近いことから、身体の中で足りない成分を補うことができます。そのため、身体を無理なく、健康な状態に導くことで、身体の中にある毒素を排出することから、ダイエット効果が高いのです。ただ、プロテインのみを飲むというダイエット方法がありますが、それは身体にとって、かなり過酷です。プロテインは、すべての栄養素が入っているとは言っても、すべてのものが身体に吸収されるわけではないのです。あくまでも、食事をプロテイン飲料などに変えるものではなく、食事の栄養補助食品といった形での利用がベストです。飲みすぎると逆に太ってしまうのは、運動をするために、プロテインを摂取しているのですから、運動をしなければ、意味がないのです。もともとダイエットには、楽してやせられる方法などないのです。それぞれが努力し、それを補うために、こういったダイエット食品が販売されているのです。飲むだけでやせるものはないのです。
プロテインは、やせる薬ではありません。プロテインは、筋肉の強化を助ける補助的なものです。効果には個人差もあり、効果が出るまでには、2ヶ月以上かかる場合がほとんどです。継続していくことが最も大切だと思われます。そして、理想の身体を手に入れてください。

筋肉

骨格筋
大胸筋
大腰筋
腹筋
大腿筋
大臀筋と中臀筋
上腕二頭筋
上腕三頭筋
背筋
表情筋
三角筋と僧帽筋

栄養素

ビタミン
ミネラル
たんぱく質
炭水化物
脂質
プロテイン
サプリメント

トレーニング

インナーマッスル
ウェイトトレーニング
エクササイズ
サーキットトレーニング
ストレッチ
スロートレーニング
筋力トレーニング
有酸素運動

その他

超回復
乳酸
基礎代謝
肉離れ
筋肉痛
肉体改造
筋肉ミュージカル
ボディビル
このページをブックマークする
  脂質 TOPに戻る サプリメント  

Copyright (c) 2013 筋肉アカデミー All rights reserved.