蛇口をひねれば、出てくる水。しかし、それを飲料できる地域はとても少ないのです。水は大切な資源であると共に、私達の身体の中では、なくてはならない大切なものです。水をもっともっと大切にし、身体の健康のためにも、おいしい水を飲むことが大切です。

水とは?

私達の体内の約60%が水分です。身体の中で、いろいろな活動をしているのも水の役割です。脳・神経・筋肉の活動、消化吸収、老廃物の排出や体温の調整も、水があるからこそ、機能しているのです。水は、栄養素を細胞の各器官に運搬する働きや老廃物を外に排泄する働きなどを行っています。水の重要性は、計り知れないものがあり、人間が生きていくうえでは、絶対に欠かすことのできないものです。

水の役割

水の役割は、最も多く、いろいろな働きがあります。
身体の動作をする場合において、関節や筋肉の動きをスムーズにし、身体の疲労を回復させるのも水の役割です。体内では、体温の調節と自律神経の調節、血液の循環をよくすることによって、血圧を調節し、新陳代謝を活発にすることで、身体の細胞を活性化させる役割もあります。このことによって、身体の免疫力も安定し、養分だけを運び老廃物を除去する機能が活発になります。こうしたことによって、皮膚や粘膜が強くなり、感染症と老化の防止に働き、身体の中では、消化・吸収を助ける、重要な役割をしています。

水分補給

水分補給というと、風邪をひいた時や、スポーツなどといった場合に行いますよね。たくさん汗をかいたら水分補給することが大切です。水分補給をしないままでいると、脱水症状になり、筋肉の温度が上がります。そうなると、身体の機能がそれぞれに、維持することが難しくなります。しかしながら、喉が渇いて、水分補給をする時点では、すでに遅く、倒れてしまう危険もあるのです。できるかぎり、喉の渇く前に水分補給することが大切なのです。

正しい水の飲み方

人間の体内から1日にどのくらいの水分が排出されているのか知っていますか?実は、1日に、約2300mlの水分が失われているのです。これは、排泄物や息に含まれる水分、汗などの量です。では、実際に、私達は、1日に同じだけの水分を補給しなければなりません。水分は食物にも含まれていることから、1日に補給する水分量は約1200mlになります。問題は、それだけの水分量を1度で補給しても意味がないのです。1度に飲む水分量は、180ml(コップ1杯分)で、飲む感覚は、30分以上空けるのがベストです。この飲料水をミネラルウォーターなどに変えることで、ミネラルをうまく体内に吸収することが可能になるのです。水もこだわりのものを選ぶことによって、より健康的な身体をつくることができるのです。

水の硬度とは?

水の硬度とは、水の中に含まれる、ミネラル分の量を表す数値です。硬度の高い水では、水を硬く感じることができ、硬度が低い水では、水が柔らかく感じます。水の硬度によっては、適した料理もあるので、試してみてはいかがでしょう?

■硬水

硬度300以上の水で、ミネラル分が豊富なのが特徴です。水分やミネラルを摂取したいときに、積極的に飲んで欲しい水です。

■中硬水

硬度100〜300未満。バランスよくミネラルが入っていて、おいしい水です。

■軟水

硬度100未満の水で、他の水と比べるろ非常に、ミネラル分が少ない。日本の水道水に多い水です。

身体にやさしい水とは?

身体に優しい水として、いろいろな水が販売されています。アルカリイオン水、天然水、海洋深層水、湧水、温泉水、純水、活性水素水、電子水、ミネラルウォーターなど、多くのものが販売されています。水資源豊かな国である日本は、実は、海外からの水も輸入しているのです。そして、現在日本で人気が高いのが酸素水です。酸素を多く含ませたミネラルウォーターのことなのですが、これを利用したダイエットなどもあるようです。人間が水を飲むということは、特別ではありません。1度おいしい天然の湧水を飲んでみてください。水のおいしさにはまりますよ。

筋肉

骨格筋
大胸筋
大腰筋
腹筋
大腿筋
大臀筋と中臀筋
上腕二頭筋
上腕三頭筋
背筋
表情筋
三角筋と僧帽筋

栄養素

ビタミン
ミネラル
たんぱく質
炭水化物
脂質
プロテイン
サプリメント

トレーニング

インナーマッスル
ウェイトトレーニング
エクササイズ
サーキットトレーニング
ストレッチ
スロートレーニング
筋力トレーニング
有酸素運動

その他

超回復
乳酸
基礎代謝
肉離れ
筋肉痛
肉体改造
筋肉ミュージカル
ボディビル
このページをブックマークする
  炭水化物 TOPに戻る 脂質  

Copyright (c) 2013 筋肉アカデミー All rights reserved.