大腰筋の位置

大腰筋

骨盤のゆがみやO脚、腰痛を解消する方法として、大腰筋ダイエットなどが有名ですが、大腰筋とはどのような筋肉なのでしょうか?大腰筋を鍛えるメリットとは?

大腰筋は、どこの筋肉?

大腰筋は、背骨と両足をつなぐ筋肉のことです。この大腰筋が衰退すると、転倒しやすく、なることから、高齢者などの寝たきりの原因ともなる筋肉です。また、大腰筋が、ゆがんだ骨盤に伴って、下がった内臓を圧迫することによって起こる、血液不順・浮腫・便秘や冷えの原因にもなることから、しっかりと鍛えなければならない筋肉なのです。

大腰筋の役割

大腰筋の役割は、正しい姿勢を維持し、歩く際に脚を引き上げるのに使う重要な筋肉なので、大腰筋が弱くなると姿勢が崩れ、しっかり歩くことができなくなってしまいます。大腰筋を鍛えることは、ゆがんだ骨盤を正常の位置に戻し、姿勢をよくします。これによって、身体のラインにメリハリが生まれます。この大腰筋が弱り、骨盤がゆがむことが、猫背やO脚・腰痛の根本的な原因であることも多いのです。

大腰筋を鍛えるメリット

大腰筋を鍛えることで、メリットとなるのは、ボディーラインが綺麗になることです。バストのラインが上がり、ポッコリと出たお腹が消え、垂れたお尻も上がります。たったこれだけのことが、身体を引き締める働きをするのです。男性の方であっても女性の方であっても骨盤がゆがむことで、体型が変化します。ですから、大腰筋を鍛え強化し、腰痛を予防し、体質改善していきましょう。

大腰筋のトレーニング方法

■足踏み

ステッパーなどを利用した足踏みを行います。足を大きく上げることで大腰筋に効果があります。

■レッグレイズ

仰向けの状態で、足を上げ下げするトレーニング方法です。大腰筋・腸腰筋・腹横筋などに効果がある運動です。

大腰筋の鍛え方

大腰筋を鍛えるには、いろいろな方法がありますが、すぐ始められるものとして「ウォーキング」をおすすめします。いつもよりも歩幅を広く取って歩いたり、階段の昇り降りも大腰筋に効果があります。階段の昇り降りでも1段飛ばしで上がるということをするとさらに効果が得やすいようです。基本的には、毎日の歩き方と生活の仕方にちょっとプラスすることで、骨盤が元に戻り、大腰筋が鍛えられるのです。エレベーターやエスカレーターなどの場所を歩くことに変えるだけでも効果があるのです。さらに、引き締め効果を感じてきたのなら、積極的に、この大腰筋を鍛えるといいかもしれませんね。

大腰筋を鍛えるためのアイテム

■ステッパー

外を歩くことができないなどという方におすすめなのが、ステッパー。これによって、家の中でのウォーキングを楽しめる商品です。

■チューブ

チューブを利用することで、より効果的になり、動きがスムーズになります。

■インナーマッスルスパッツ

このスパッツを身につけて歩くと、より効果的に大腰筋が鍛えられます。

筋肉マメ知識

■大腰筋をチェックする方法

チェック項目から、大腰筋の弱さを知ることができます。当てはまった方は、しっかり大腰筋のトレーニングを行うようにしましょう。

イスに座る時、浅く腰をかけることが多い。
歩くことがめんどうであり、ほとんど歩かない。
歩くのが遅くなってきている。
背中が丸く猫背気味である。
お尻のメリハリがなくひらべったい。
何もないところでよくつまづく。
いつも腰痛気味である。
階段を上るのが苦手。
腹筋を使ったりといった運動をあまりしない。
下腹部がポッコリでてきている

■合計5個以上に当てはまった人

大腰筋がかなり衰えています、今すぐ大腰筋を鍛えて。

■合計1〜4個当てはまった人

大腰筋をもっと鍛えましょう。

■合計1個も当てはまらない人

理想的な大腰筋です。

筋肉

骨格筋
大胸筋
大腰筋
腹筋
大腿筋
大臀筋と中臀筋
上腕二頭筋
上腕三頭筋
背筋
表情筋
三角筋と僧帽筋

栄養素

ビタミン
ミネラル
たんぱく質
炭水化物
脂質
プロテイン
サプリメント

トレーニング

インナーマッスル
ウェイトトレーニング
エクササイズ
サーキットトレーニング
ストレッチ
スロートレーニング
筋力トレーニング
有酸素運動

その他

超回復
乳酸
基礎代謝
肉離れ
筋肉痛
肉体改造
筋肉ミュージカル
ボディビル
このページをブックマークする
  大胸筋 TOPに戻る 腹筋  

Copyright (c) 2013 筋肉アカデミー All rights reserved.