[スポンサードリンク]

筋肉痛

普段、筋肉を動かさないと筋肉痛になることがあります。筋肉痛は、どうして起こるのでしょうか?筋肉痛が起こるメカニズムとは?そして、効率よく筋肉痛を治すには、どのようにしたらよいのでしょうか?

筋肉痛とは?

筋肉痛は、普段使っていない筋肉を利用すると、その筋肉が張ったり、重くなったり、だるい、こわばるといった症状があらわれることです。一般的に言われる“筋肉痛”と呼ぶ痛みは、トレーニング後に起こるものです。これは「遅発性筋肉痛」と呼ばれております。このようにもともと利用していない筋肉は、どうしても衰えがちです。このように筋肉痛にならないためには、普段から適度な運動を心がけることが大切です。筋肉痛は、どのようなメカニズムで起こるのでしょうか?

筋肉痛が起こるメカニズム

筋肉痛は、スポーツなどの運動をしたり、体を動かした時に、筋肉がエネルギーを燃やすことによって、老廃物が発生します。実際、筋肉痛は、なぜ、どのようにして起こるのか?ということは、まだはっきりとわかっていません。

筋肉痛の治療方法

■貼り薬

筋肉痛のある場所に、湿布(シップ)などの貼り薬をすることによって、皮膚の外から、徐々に浸透し、吸収することによって、筋肉痛の症状を和らげます。

■塗り薬

筋肉痛のある場所に、塗り薬をすることによって、貼り薬と同じく、筋肉痛の症状を和らげることができます。

■入浴

ぬるま湯に筋肉痛の箇所をつけておくことで、血行がよくなり、筋肉痛の症状を和らげることができます。

■マッサージ

筋肉痛の場所を適度に、マッサージすることによって、血行をよくし、筋肉痛の症状を和らげることができます。しかし、マッサージはやりすぎてしまうと筋肉をかえって悪化させることもありますので注意が必要です。

■運動

筋肉痛の場所をあえて軽く動かすことによって、筋肉痛の症状がやわらぐことがあります。しかし、運動によって悪化する筋肉痛もありますので、痛みが増すようなら、中止してください。

※一般的に筋肉痛の痛みは、数日でなくなりますが、あまりにも痛みが長く続く場合などは、しっかりと病院での診察を受けておくことが大切です。

筋肉痛を防ぐために

筋肉痛を防ぐためには、ウォーミングアップを十分に行うことが大切です。準備運動をすることによって、かなり筋肉痛を軽減します。何か運動を行う場合は、ストレッチングを含むウォーミングアップを十分行うことにより、筋肉痛が発生しないようにし、さらに傷害の発生も防止するように努めましょう。終了後は、できることならば、クールダウンを行うようにすると、筋肉痛になりにくく、さらに筋力アップへとつながっていきます。筋肉痛にならないようにする予防法です。

筋肉を動かす前に、ストレッチで、まず筋肉をほぐすことから始めること。
自分の力に合った方法を選び、徐々に強度を上げていく。
筋肉を使った後はストレッチを行い、アイシングをする。

筋肉痛対策の基本動作

筋肉痛対策の基本動作として、「温→冷→温」というのがあります。激しい運動の後など、痛みが出ていない間は温めるようにします。温めることで、筋肉組織の血液の循環が良くなることから、筋肉痛が治るのが早くなります。ただ、炎症が進行している場合は、温めると炎症を促進させてしまうの注意が必要です。炎症がひどいときは、冷やします。冷やすと痛みを一時的に軽くすることができます。痛さが和らいできたら、再び温めます。再度、温める時にはお風呂やサウナ、マッサージなどといった方法がオススメです。痛いからといって、じっと我慢しているよりもずっと回復は早くなりますよ。入浴する際は38~40度のぬるめのお湯にゆっくりつかるのもポイントです。血行を促進することで、筋肉痛を和らげたり、筋肉痛がひどくならないようにするのです。

[スポンサードリンク]