[スポンサードリンク]

筋力トレーニング

筋肉を鍛えて、力をつけたり、パワーアップさせるトレーニングのことを筋力トレーニングといいます。筋力トレーニングをすることによって、理想の体型を目指していくのです。最近、お腹が目立ちはじめていませんか?あなたの身体に効果的な筋力トレーニングを見つけてください。

筋肉トレーニングとは?

筋力トレーニングとは、筋力をアップさせるために行われるトレーニングの総称とされており、「筋トレ」と略して呼ばれます。私たちがよく行う“腕立て伏せ”や“スクワット”などといった、筋肉トレーニングなども筋力トレーニングのひとつになります。基本的に、筋力トレーニングは、筋肉にいつも以上の負荷を大きくかけることによって、筋肉を消耗させ、超回復によって筋力を増加させるのを目的としています。

筋力トレーニングの種類と方法

■ウェイトトレーニング

ダンベルを使って筋力アップさせるトレーニングです。ウェイトトレーニングは、効率的に、身体全体を鍛えることができます。

■マシントレーニング

ジムなどのマシンを利用することで、通常の鍛え方よりもさらに効果的に筋力をトレーニングする方法です。

■チューブトレーニング

チューブを使って筋肉のパワーをアップさせるトレーニングです。チューブの伸縮を利用し、反動をつける運動などを行います。

■フリーハンドトレーニング

器具をまったく使わない筋力トレーニングをフリーハンドトレーニングといい、いつでも、どこでも、気軽にできるので便利です。

■実技トレーニング

ウェイトトレーニングやフリーハンドトレーニングなどで鍛えた筋肉に、実戦の働きを忠実に覚えさせていくのが実技トレーニングと呼ばれています。

■サーキットトレーニング

ある一定の時間に、有酸素運動と無酸素運動を繰り返し、超回復を取り入れることによって、効率よく筋肉のトレーニングをすることができます。短時間の筋力トレーニングですが、2倍の効果が得られます。

■スロートレーニング

ゆっくりとした動作で、筋力トレーニングを行うことで、より筋肉が引き締まり、安全といわれています。短い時間でいかに、筋肉に強い刺激を与えるか?というのがポイントになってきます。

■スピードトレーニング

トレーニングのメニューを素早く行う筋力トレーニングです。筋肉に瞬発力とスピードを要求するトレーニングが有効です。

■ストレッチ

関節や筋肉といった身体の部分をしっかり伸ばすことによって、身体をやわらかくする運動がストレッチです。ウェイトトレーニングによって収縮した筋肉をしっかり伸ばすということが目的とした運動です。

筋力トレーニングをより効果的にするには?

筋力トレーニングをより効果的にするには、それぞれの筋力トレーニングメニューに合う身体の動かし方をすることです。どれもこれも取り入れてしまうと、効率は悪くなるばかりです。ですから、1つのものを持続させ、筋力アップをはかることが大事なのです。この他に、さらに効果的にするには、やはり休憩・休息の時の、回復力をうまく利用することでしょう。そして、最後の仕上げとしては、栄養でしょう。やはり、しっかりといい筋肉を作るためには、バランスのよい食事が大事です。サプリメントやプロテイン、ビタミン剤に頼ってしまうという方もいるようですが、できれば、3度の食事から、十分な栄養を摂取できるように心がけてください。

持続力が大切な、筋力トレーニング

筋力アップさせるためには、短い期間で鍛えるということはできません。確かに、いろいろな商品もあり、1週間や2週間で、筋肉がつくなどというように販売されていますが、実際には、そう簡単に筋肉をつけることはできません。ボディービルダーなどをしている方々は、毎日のように筋肉トレーニングをしているからこそ、あの肉体になるのです。腹筋が割れているという状態を作りだすには、ものすごく時間がかかるのです。さらに、女性の方々は、どんなに筋肉を鍛えたとしても、ボディービルダーのようにはならないのが現状です。女性の身体は、筋肉を鍛えづらいのです。ですから、多少筋肉を鍛えるのであれば、女性らしい身体つきではなくなることもないのです。むしろ、適度な筋力トレーニングをすることで、女性らしい身体をつくっていくことができるのですから、もっと積極的に行うほうがよいでしょう。女性も男性も筋力トレーニングをすることで、理想の身体を時間をかけて作り上げていくということが大切だということを確認してください。長続きさせる持続力・持久力が、筋力トレーニングには、大切だということなのです。

[スポンサードリンク]