[スポンサードリンク]

スロートレーニング

筋肉トレーニングには、いろいろな種類があります。その中でも初心者におすすめなのがスロートレーニングです。ゆっくりとした動作によって筋肉を鍛えるのがスロートレーニングの特徴です。もっと詳しくスロートレーニングについて見ていきましょう。

スロートレーニングとは?

スロートレーニングとは、初心者の方におすすめな筋肉トレーニングです。リハビリなどとしても利用されており、軽めの重量をゆっくりと動かします。このゆっくりとした動作によって、筋肉に少しづつ負荷を加えていくことによって、筋肉を強化していくのです。さらに、このスロートレーニングは、ケガをしにくいことから、安全なトレーニング方法とされています。身体がまだ、強い負荷に耐えられない初心者にとって、取り組みやすい筋肉トレーニングのひとつなのです。スーパースロートレーニングなどとも呼ばれています。

スロートレーニングの効果

スロートレーニングの効果によって、ダイエットにもいいといわれています。ゆっくりとした動作で筋肉に力を加え続けることによって、筋肉は多量の乳酸を発生し、辛い運動をしていると判断してしまいます。そのため、乳酸が成長ホルモンの分泌を促すことによって、体脂肪が分解されやすくなるのです。成長ホルモンは子供が成長するときに盛んに分泌されるホルモンですが、大人でも筋肉の修復・強化や体脂肪分解などを促進します。これによって、体脂肪が分解され、ダイエットに効果があるといわれているのです。

スロートレーニングのメリット

スロートレーニングのメリットは、扱う重量が通常よりも軽いものを利用することです。 女性や、男性でもトレーニング初心者の方でも、気軽に取り組むことができます。さらに、現在も筋肉トレーニングを行っている方にとっては、筋肉がつかなくなる停滞期などに行うことによって、また新たな筋肉の緊張により効果がでてきます。ダンベルだけでなく、チューブトレーニングと一緒に行うのもよいでしょう。従来のトレーニングよりももっと短時間で効率よく行うことができるのが、スロートレーニングの最大のメリットです。さらに、トレーニングによる怪我や故障のリスクを減少させます。そして、スロートレーニングは、ダイエットとして取り組むことにより、一般的な筋肉トレーニングよりも効果的なのです。

スロートレーニングの方法

スロートレーニングは重量の軽いものを利用し、ゆっくりとした動作で、筋肉トレーニングを行うことが大切です。スロートレーニングの基本は、ゆっくりとした動作です。やり方として、ダンベルなどを挙げるのに 5秒。止めて5秒。戻すのに5秒。といった形です。この一連の動作を約15秒前後かけて行います。1セットは5回前後です。さらに、その5秒も、1・2・3・4・5と、ゆっくり均等に行う。スローモーションでも見ているような感覚で行うのです。さらに、鍛えている場所を意識することが大切です。意識することによって、さらに、スロートレーニングの効果があがるということです。トレーニング時間は、10分~30分程度で問題ありません。週に2・3回程度行うだけでも効果があります。ちなみに、スロートレーニングを行い、その後に、通常のトレーニングを行うという方も多いようです。いろいろな筋肉トレーニングと組み合わせてみてください。

スロートレーニングのグッズ販売

スロートレーニングは、実際に、本などの書籍や、ビデオやDVDなどで紹介され、販売されています。この他、スポーツ専用のメトロノームなども販売されているようです。5秒といっても、人によって数え方は、個人差がありますよね。その感覚を覚えるためにメトロノームを使用するのです。新しいデジタルメトロノームは、イヤホンで音を聞きながらスロートレーニングを行うことができます。さらに、腕時計型のメトロノームもあり、腕に振動を送るタイプのものもあります。さらに、もっとコンパクトなのは、イヤホンとして耳に装着するだけの超小型タイプ。いろいろな種類のものがありますので、自分にとって、使いやすいものを選んでみるといいかもしれません。このように、ちょっとした時間でもスロートレーニングを行うことで、劇的な効果があります。日頃ゴロゴロしている時間をスロートレーニングの時間に当てるだけで、理想の体型になることができるのです。ぜひ、チャレンジしてみてください。

[スポンサードリンク]