ストレッチ

筋肉を鍛えるうえで、身体をやわらかくするストレッチは、欠かせないものです。身体を柔軟にすることにより、筋肉の疲労を回復し、血液の循環をよくすることで、健康的になることができます。あなたに合うストレッチとは、どんなものなのでしょうか?

ストレッチとは?

ストレッチとは、身体の新陳代謝をよくし、筋肉トレーニングの効果を上げるうえで、かなり効果的です。運動前のストレッチは、筋肉や関節の柔軟性を高めて、身体の動きを大きくすることができます。また、ストレッチは、ケガを起こさないための準備有働のひとつで、これをすることによって、身体の動きが良くなり疲労も回復しやすくなるのです。ストレッチを行う前には、必ず、ウォームアップするようにしてくださいね。

ストレッチの種類

ストレッチは、大きく2つの種類に分けられます。身体の反動を利用した「動的ストレッチ」(反動や弾みをつけて行うストレッチ)が主流の時代だったのですが、激しい反動によって引き伸ばされた筋肉は、反射の力によって収縮し、筋肉や腱などといった場所に、大きなケガをしてしまうということがあります。そこで、ほとんど、現在では「静的ストレッチ」(反動をつけずに行うストレッチ)が一般的に重視されるようになっています。

ストレッチの効果

一般的にストレッチをすることで、どんな効果があるのでしょう?ストレッチの効果は人それぞれですが、筋肉の緊張を和らげる・精神的にリラックスできる・血液やリンパの循環を促進させる・持続することで柔軟性を高める・障害の予防・老化予防・疲労回復・新陳代謝を上げる・基礎代謝量がアップ・ダイエットに効果的・脳の活性化・肩こりや腰痛の緩和・柔軟性向上・ゆがみ矯正・血行促進などにも効果があります。さらに、ストレッチを運動前後に行うことで、より効果的な筋肉トレーニングになるのです。

ストレッチ運動のコツ

ストレッチ運動をする上で、注意したいこととは、「無理をしないで行うこと」「息を止めないように吐きながら行うこと」「弾みをつけないで行うこと」「痛みを感じないように、痛くなる前に止めること」です。さらに、ストレッチは、起床時や入浴後に行うのが効果的です。ストレッチのポーズは、1つの動作につき10秒間、週に最低でも3回くらい行い、痛くない程度で行うのが長続きさせるコツかもしれません。さらに、ストレッチをする場合、ゆっくりとした動作で、伸びていることを意識して続けること大切です。やりはじめは、なかなか続かないことも多いのですが、それが習慣化してくることによって、身体も慣れてきます。慣れてきたら、毎日少しの時間でもよいので、ストレッチを行うように心がけましょう。

ストレッチ器具

最近は、いろいろなストレッチ器具が販売されています。ストレッチボード・ストレッチポール・ストレッチボール・ストレッチベルト・ヨガマットなど、多くの商品があります。このように、手軽にストレッチができるものも多くあるので、利用すると便利です。さらに、身体の各部位(首・肩・手・肘・腰・背中・股・骨盤・膝・足など)に応じたストレッチができるのも特徴的です。これらの器具に加えて、DVDやビデオなど、ストレッチ運動をTVで見ながら行うものもあります。1人では、どのような体操をしたらいいのかわからない方や、ジムなどに通えない方など、気軽に自宅でできるとあって、人気が高い商品です。最近では、ダイエットのために購入する方も多いようです。ストレッチなど、筋肉トレーニングのために行う運動や体操は、リバウンドしないダイエットとして、今、注目されています。身体にいいダイエットは、健康にも身体にもよく、長続きさせればさせるほど。効果も上がってきます。自分に合うストレッチの方法を見つけて、長く行えるように心がけましょう。

筋肉

骨格筋
大胸筋
大腰筋
腹筋
大腿筋
大臀筋と中臀筋
上腕二頭筋
上腕三頭筋
背筋
表情筋
三角筋と僧帽筋

栄養素

ビタミン
ミネラル
たんぱく質
炭水化物
脂質
プロテイン
サプリメント

トレーニング

インナーマッスル
ウェイトトレーニング
エクササイズ
サーキットトレーニング
ストレッチ
スロートレーニング
筋力トレーニング
有酸素運動

その他

超回復
乳酸
基礎代謝
肉離れ
筋肉痛
肉体改造
筋肉ミュージカル
ボディビル
このページをブックマークする
  サーキットトレーニング TOPに戻る スロートレーニング  

Copyright (c) 2013 筋肉アカデミー All rights reserved.