ウェイトトレーニング

筋肉の衰えは、誰にでもあります。しかしながら、その予防をするための方法として、ウェイトトレーニングがあります。ウェイトトレーニングによって、いつまでもピチピチと若さあふれる身体を保持していきませんか?

ウェイトトレーニングとは?

ウェイトトレーニングとは、バーベル・ダンベル・マシンなど、または自重などを使い筋肉に負荷をかけることで、身体を鍛えるトレーニングのことを言います。主に筋力の向上を目的とするトレーニングの総称です。常に日常生活で使われている筋肉が衰えることはないのですが、あまり使われていない筋肉は、どんどん衰えていくものです。

ウェイトトレーニングをする理由とは?

筋肉は、鍛えなければ衰えていきます。あなたの身体の中で、使われていない筋肉はどこでしょう?筋肉は、30歳を過ぎると、鍛えないかぎり、衰えていく一方なのです。どんどん、おじさん体型やおばさん体型になっていくのは、筋肉の衰えが原因なのです。さらに、高齢化していくことによって、足や腰が使われにくくなることで、弱ってくるということは、誰にでもわかることですよね。将来的に、筋肉が衰えないようにするためには、やはり、まだまだ若い時代から、筋肉を鍛えることが重要なのです。ウェイトトレーニングなどの筋肉トレーニングをすることが、衰えを予防する第一歩だと考えてもよいでしょう。自分の将来像を想像してみてください。ウェイトトレーニングしようという気持ちになりましたか?

ウェイトトレーニングは、どんなもの?

ウェイトトレーニングとは、「押す(プレス)」「引く(プル)」「上げる(レイズ)」「巻く(カール)」「伸ばす(エクステンション)」の基本動作を組み込んだ、運動方法のことを言います。ウェイトトレーニングの運動方法の名称には、必ず、プレス・プル・レイズ・カール・エクステンションというようにつくのは、その動作の名前なのです。これに、各筋肉の部位を組み合わせることにより、部分的にも全体的にも効率よくウェイトトレーニングをすることができるのです。

ウェイトトレーニングを効果的にする方法

■意識を集中させる

ウェイトトレーニングでは、今鍛えている筋肉に意識を集中させることが大事!

■身体全体での運動をする

ウェイトトレーニングでは、筋肉の動かす範囲を最大にして、フルストレッチ(最大伸展)、フルコントラクション (最大収縮)させるのも大事!

■無呼吸にならないようにする

ウェイトトレーニングでは、呼吸を止めず、力を入れるときはゆっくり息を吐き、力を緩めるときゆっくり息を吸うことも大事!

■オールアウトする

ウェイトトレーニングにおいて、連続して限界までの筋力を使い切ること!これがオールアウトといい効率よく筋力をアップさせます。

■超回復する

疲労した筋肉に、一定期間の休息を与えることにより、トレーニングする前の筋力よりもアップすることを超回復と呼び、トレーニングに組み込むことによって効果的に筋力アップができます。

■重量と回数をチェック

初心者はウェイトを選ぶ場合、1回のセットで連続15回動作できる重量を選ぶのも大事!重すぎるとケガの原因になります。

■種目の順番

大筋群(大胸筋、広背筋、大腿四頭筋など)から先にトレーニングをはじめ、小筋群(上腕二頭筋・上腕三頭筋など)を後でトレーニングすると疲れにくく、十分にトレーニングすることができるので効率的です!

ウェイトトレーニングで理想の身体作り

ウェイトトレーニングをするとまず、消費カロリーが増加するため肥満になりづらいのです。さらに、身体の節々の痛みや腰痛、肩こりなどの症状も解消することができます。いろいろなスポーツをする上での基礎体力や基礎代謝を向上していくことができるのです。健常者だけがウェイトトレーニングを行うわけではありません。足腰の弱った人や長く入院してた人は、筋肉が衰えがち、そこでウェイトトレーニングを行い、リハビリをすることによって、筋力アップをさせるのです。長く使われていなかった筋肉は、なかなか元に戻らないです。強い意志が必要になってくるでしょう。この他にも、自分の身体に自信がない人もウェイトトレーニングによって、身体を鍛えて、理想に近づけることもできますよね。自分に合うウェイトトレーニングをし、健康的で、なおかつ理想の身体作りをしていってください。

筋肉

骨格筋
大胸筋
大腰筋
腹筋
大腿筋
大臀筋と中臀筋
上腕二頭筋
上腕三頭筋
背筋
表情筋
三角筋と僧帽筋

栄養素

ビタミン
ミネラル
たんぱく質
炭水化物
脂質
プロテイン
サプリメント

トレーニング

インナーマッスル
ウェイトトレーニング
エクササイズ
サーキットトレーニング
ストレッチ
スロートレーニング
筋力トレーニング
有酸素運動

その他

超回復
乳酸
基礎代謝
肉離れ
筋肉痛
肉体改造
筋肉ミュージカル
ボディビル
このページをブックマークする
  インナーマッスル TOPに戻る エクササイズ  

Copyright (c) 2013 筋肉アカデミー All rights reserved.